賃貸物件を借りるときは|周辺環境を確認して選びましょう|ウィークリーマンションの魅力
間取り図

周辺環境を確認して選びましょう|ウィークリーマンションの魅力

賃貸物件を借りるときは

間取り図

初期費用がかからずに

賃貸物件を借りるときには、敷金、礼金を支払うのは当たり前で引越の際の初期費用はかなり高額になってしまいます。たいていは、敷金と礼金を数か月分前払いするケースがほとんどです。敷金とは、大まかに言えば部屋を退出するときに使用する修理代やハウスクリーニング代のことで、残金は返却される仕組みになっています。一方礼金は仲介手数料のことで戻ってこないお金です。敷金は家賃の2,3ヶ月分に相当する場合もあり、一度に支払うには金額が多いのでかなりの出費になっていました。そこへ登場したのが敷礼ゼロの物件です。この場合礼金ゼロとセットになっている場合がほとんどなので、初期費用がかからずにすむというメリットがあります。

事前に確認してから

敷礼ゼロ物件は初期費用を抑えられるメリットはありますが、その代わり退出時にハウスクリーニング代などで支払いが生じる場合があります。これまで事前に支払っていた費用が後払いになったと考えてもいいでしょう。入居している間、部屋をきれいに使用していれば退去する際に支払う費用もあまりかかりません。しかしその反対にあちこちメンテナンスが必要な状態になっていれば、退出時にそれなりの費用がかかってしまう場合もあるのです。また敷礼ゼロ物件は、月々に支払う費用や鍵の交換費用など別途発生する費用もあるので、敷礼ゼロ物件を契約する際は、家賃のほかに必要な費用がどれだけかかるのか、きちんと確認してから契約するようにしましょう。